株式会社あすなろ設計事務所

メッセージ

理念:人の豊かさに住環境から貢献する


私は、新築の設計と現場監督を経験し、人生で一度きりのお家づくりに向き合ってきました。

しかし、あるときから違和感を感じるようになりました。

ほとんどの方が35年の住宅ローンを組み、新築を建てられます。
家族みんなで美味しいものを食べたり、旅行に行って楽しんだり、普段の生活を豊かにする分を削りながらローンの支払いを続けても、建物価値は20年~25年程度でゼロとなってしまう。

この仕組みを続けて、本当に良いのだろうか。

疑問を解消する意味も込め、独立後はリノベーションに基本業務を切り替えました。
建築費を抑えたリノベーションで、期待を上回る提案をするために
物件の持つポテンシャルを引き出し、センスのよいリノベーションで住みやすさと美しさを実現する努力を重ねてきました。

古い建物がどのように変わるのか、どのような物件なら買ってもよいのかをわかりやすく表現する為に
”見れるリノベーション住宅”として、さまざまなパターンの展示場を作ってきました。

今後空き家が増えていく中、土地の値段も大幅に下がるエリアも出てきます。
建物は現状でも20年~25年で価値はゼロで、土地から建物を建てる一次取得者にとって、「負動産」となってしまう大変な未来となる可能性もあります。

ステージによって住みかえる事も視野に入れるべきで、初めの住宅取得方法はとても大切になってきます。

あすなろ設計事務所は、建築不動産の経験やネットワークを活かし、リノベーションを通じてその方の人生の豊かさに貢献し、社会に必要とされるプロ集団を目指していきます。

この業者の施工事例

  • 旅館を別荘にコンバージョン

  • お手頃価格のマンションをスケルトンリノベーション

さらに事例を見る

株式会社
あすなろ設計事務所

代表取締役

坪内孝介

2001年|東海大学工学部建築学科卒 2001年|㈱富士ハウスに入社 設計・現場監督を担当 2005年|㈱木下工務店に入社 設計を担当 2006年|㈱木下工務店を退社 2007年|(有)坪内建材に入社 2008年|代表取締役に就任・社名を㈱あすなろ設計事務所に変更・主業務をリノベーションに変更

2001年|東海大学工学部建築学科卒 2001年|㈱富士ハウスに入社 設計・現場監督を担当 2005年|㈱木下工務店に入社 設計を担当 2006年|㈱木下工務店を退社 2007年|(有)坪内建材に入社 2008年|代表取締役に就任・社名を㈱あすなろ設計事務所に変更・主業務をリノベーションに変更

株式会社あすなろ設計事務所
お問い合わせフォームへ

×